はじまらないブログ

AzureマスターをめざすクラウドどころかIT一年生の無謀人間のブログ!

アイカツ!と出会って幸せになった話 -アイカツ! Advent Calendar 2017

遅れてしまいましたがアイカツアドベントカレンダーを書きたいと思います。

adventar.org

ちなみに私はアイカツ初代~あかりちゃん世代までの人間です。スターズの時代からはバタバタして終えてないのですが、そのうち見るよきっと…!(手遅れ)
さてアイカツについて今更私などが語るまでもありませんが、最高のアイドルアニメなのでブログをかきたくなりました。

わたしとアイカツ

初めて見たアイカツは何だったか覚えてないですが、ツイッターによると一期の2012年12月の第10話、「おとめは誰かに恋してる」くらいから見てるみたいです。
いまからちょうど5年前ですか?その頃仲良くなった某エンジニアM氏の影響でした。はじめは何となく見ていた私ですが、春にはDCD、そうアイカツカードダスにまでどっぷり嵌ってたようです。

参加したイベント

2013.6.25 [DS] 6/25(火) 『アイカツ!』新OP/EDテーマ、挿入歌ミニアルバム発売記念イベント - 秋葉原ディアステージ
2013.6.29 『アイカツ!』新OP/EDテーマ、挿入歌ミニアルバム発売記念イベント アキハバラ☆ステージ わか・ふうり・すなお from STAR☆ANIS Eventernote イベンターノート

思えばこのときが最後の全員揃ったSTAR☆ANISでしたね…もえちゃんのチェキを手に入れたことを今でも覚えてます。
色々思うことはありましたが、今もふたりは元気に活動されていて大変嬉しいことですよね。

それからなんといっても2014年夏のライブイリュージョン!
「アイカツ!LIVE★イリュージョン」開催! - イベント | データカードダス アイカツ!

当時のツイートをみつけたんですけど頭おかしいですね
f:id:icarium:20171219205935p:plain

アイカツに出会ってかわったこと

アイカツでの忘れられない名言があります。
ドリームアカデミー世代の66話、きいちゃんがなかなか自分の殻を破れなくてアイカツよりセイラのプロデュース中心になっていた時に、美月が「あなたのプロデュースはすばらしいね」とほめたとき。
f:id:icarium:20171219213729p:plain
f:id:icarium:20171219215953p:plain
美月「知ってた? 人の素敵なところに気付けるっていうのは、それだけでもとっても素敵なことだし、自分も素敵になれるってことなんだよ」
きい「え?」
美月「セイラちゃんもそれが分かってるから、あなたにもっと素敵に輝いて欲しくて、オーディション頑張れって言ってるんじゃないかな?あなたのことが好きだから。素敵になれば大好きな人が喜んでくれるんだよ。頑張れる気がしない?」 

前に書いたブログからも分かるかもしれませんがわたしはとにかく自己評価が低いです。先週末「不幸オーラが出ている」といわれて悔しくて泣いたばかりですが、低いものは低いんです。
自分のことなんて全然興味がないし、周りのひとにはっぴーになってくれればいいし、私なんてそんな周りの人と同じようになんて一生なれないと思っていました。
恋人ができないのも、仕事で失敗するのも仕方ないくらいバカだし、周りにいる人たちが異常にできた人たちがいるからなんとか生きててゆるされてるくらいの気持ちでした。
周りに凄いひとたちがいて、私はそのひとたちが楽しんでくれるようなことを考えるのが大好きで、そういったイベントをするのが好きだったけど、そんなときにこの美月ちゃんの一言がすっごくすっごく刺さりました。私なんて失敗ばかりの人生で諦めてもいいって思ってたし、ちょうどそのときに前のブログに書いた退職する会社に恐喝されながらも辞めたときだった。

これからの人生はもっと自分を大事にしよう、周りの魅力に気付ける私だってきっと素敵になれるはずだって思うようになってめちゃくちゃ泣き叫んだ記憶があります。
それから新しい職場で頑張って、この言葉を胸に半年で8kg以上ダイエットもしました。素敵になれば、好きな人にも好きになってもらえるかもって思って一生懸命努力して告白して、今の会社に入って。
つらいことが全くないわけではないけれど、当時とは比べ物にならないほど幸せに生きていけるようになりました。それらすべて、最初の原動力はこの美月ちゃんの言葉でした。

美月ちゃんはこの回で終盤をこんな風に締めています。
f:id:icarium:20171219221459p:plain
わたしもいつかは、誰かを楽しませるんじゃなくて、自分が頑張ったうえで誰かを支えて生きていきたいなってそう思います。

レジェンド美月、私はどんなアイドルより美月ちゃんが大好きという話でした。

きっとみんな、アイカツの名言に救われている人たちがいると思うけど、私のちょっとしたエピソードで出遅れながらも私の担当分のアイカツ!アドベントカレンダーを締めようと思います。
ご拝読頂きありがとうございました!